FC2ブログ

型取り・模型作成システム

目に見えることは、問題点を把握し、修正が可能です。

ただ、そのレベルで物事を判断していては、良い治療はできないと考えています。

目には見えない精度を追求することが、良好な長期予後に繋がると信じています。

IMG_0946_convert_20180727165825.jpg

従来も、型取りを行う際は、模型作成までが一連の治療と考え、型取り材料と模型作成材料は、各々の膨張率・収縮率の合った材料を吟味して選択し、温度管理を行った上で、正確な分量を計量することで、高い精度の模型を作成し、治療に生かしてきました。

日々の臨床で、何ら不都合を感じることはありませんが、システム構築から数年が経過し、そろそろ自身の診療を見直す機会と考え、新たな型取り材料や練和機のテストを行ってきました。

型取り材料、模型作成用材料、練和機、型の変形を防ぐ固定液・湿箱など一連の工程を見直し、新たな機材も導入しました。

IMG_0976_convert_20180730151634.jpg

最近はデジタル化も進んではきましたが、まだまだ対応不可能な部分もあります。

地味な作業の積み重ねですが、術者サイドの利便性ではなく、患者利益を追求し、診療システムを構築しています。


『院長日記』 森 進吾

テレピア デンタル オフィス
愛知県名古屋市東区東桜1-14-25 テレピア2F
TEL 052-265-6557
telepia.net (PCサイト)
telepia-dental.com (スマートフォンサイト)
nagoya-ireba.jp (精密入れ歯 専門サイト)
プロフィール

テレピアデンタルオフィス

Author:テレピアデンタルオフィス
名古屋・栄、東海テレビ隣り、テレピアホールすぐ横の歯科医院『テレピアデンタルオフィス』院長の森 進吾です。
よろしくお願いします。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク