FC2ブログ

ファイバーポスト(自由診療)

平成28年より保険導入された「ファイバーポスト」。

被せ物の土台となる部分で、治療後は見えなくなりますが、非常に重要な役割を担います。

従来の金属製ポストに比べて、しなやかな材料で、歯への負担を軽減させ、歯の破折を防ぎます。

当院では、残された歯を守るため、保険導入以前から、ファイバーポストを積極的に自由診療で取り入れてきましたが、近年、データも蓄積されてきたことで、様々なことが分かってきました。

現在は、保険診療・自由診療に関わらず、適応症例は100%ファイバーポストを使用していますが、保険診療の場合、ポストの形状等の規格が細かく定められ、使用できる製品が限定されており、本数も決められてます。

明らかにより良い治療法があっても、保険診療ではルールに外れたことはできませんが、自由診療では、同じ治療でも、異なるコンセプト、方法、材料で、その歯にとって最適と考えられる治療が可能です。

IMG_1099_convert_20180908150522.jpg

保険適応外の補強用チューブ状グラスファイバーと、スペースを埋めるために用いる細いアクセサリーファイバー。

ファイバーポストに追加して使用することで、耐久性を著しく向上させることが分かっています。

当院では、自由診療の場合、歯の状態に合わせ、必要に応じて様々な形状のグラスファイバーを複数使用します。

これにより、ファイバーポストとの隙間を埋める材料の収縮や、構造設計の考えを取り入れたポストの配置等、保険診療では不可能な細やかな配慮をして、治療を行うことが可能となります。


『院長日記』 森 進吾

テレピア デンタル オフィス
愛知県名古屋市東区東桜1-14-25 テレピア2F
TEL 052-265-6557
telepia.net (PCサイト)
telepia-dental.com (スマートフォンサイト)
nagoya-ireba.jp (精密入れ歯 専門サイト)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テレピアデンタルオフィス

Author:テレピアデンタルオフィス
名古屋・栄、東海テレビ隣り、テレピアホールすぐ横の歯科医院「テレピアデンタルオフィス」院長の森 進吾です。
「名古屋・栄 精密入れ歯専門外来」を併設しております。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク