「スピリチュアルケアの基礎と臨床」

日本語に訳すのが難しい「スピリチュアル」という言葉。

一昨日の休診日は、医師としては医学部の助教、宗教家としては寺院の副住職、仏教学部の准教授としてご活躍の先生の講演を拝聴しました。

平均寿命は、ここ数十年の間に30年以上延び、自宅で亡くなる方と病院で亡くなる方の比率は逆転し、現在では8割以上の方が病院で亡くなられています。

看取りは、医学では教育されず、時間と労力のかかるスピリチュアルケアを、多忙な医療人が行うのは、非常に困難です。

私たちは、意識するしないに関わらず、宗教的なもの、お守り、お札などを使用し、おみくじ、お日柄などを気にし、七五三、正月、節分等の行事を行っています。

また、医学は本来、不確実なものであり、100%の結果を求めることは、奇跡を求めることと同じであり、宗教とも解釈できるとのことでした。

今回は、医療現場で活動する宗教家「チャプレン」の存在が紹介され、終末期医療や看取りについて、いろいろと考えさせられる内容でした。

自身の日常臨床においても、参考となりました。

IMG_4218_convert_20180312095750.jpg


『院長日記』 森 進吾

テレピア デンタル オフィス
愛知県名古屋市東区東桜1-14-25 テレピア2F
TEL 052-265-6557
telepia.net (PCサイト)
telepia-dental.com (スマートフォンサイト)
nagoya-ireba.jp (精密入れ歯 専門サイト)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テレピアデンタルオフィス

Author:テレピアデンタルオフィス
名古屋・栄、東海テレビ隣り、テレピアホールすぐ横の歯科医院『テレピアデンタルオフィス』院長の森 進吾です。
よろしくお願いします。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク